株式会社設立

ビジネスを行うにあたり会社組織にすることは、融資を受ける場合や営業上の許認可を取得する場合など社会的な信用を得る基盤作りや、税金面、負債を限定責任にするなどのメリットがあります。

設立までの主な流れと準備(発起設立を想定)

1.会社の基本事項の決定

発起人、事業目的、商号(会社名)、本店所在地、資本金の額、発行可能株式総数、会社の機関(組織)設計、事業年度(決算月)、公告方法、その他

2.同一商号(会社名)の調査、事業目的の確認

商号(会社名)は、同じ市区町村内で既に登記されている他社の商号と同じ名前で登記をすることはできません。また、事業目的も明確性や具体性、将来行おうとする事業が盛り込まれているかなど入念に確認する必要があります。

3.定款の作成

定款とは、会社の組織や運営など基本的な規則・事項を記載した書類のことです。会社の“憲法”などと例えられるほど重要なものです。
定款に記載すべき事項には、絶対に定めなければならない“絶対的記載事項”、定款で定めておかなければ法的効力の得られない“相対的記載事項”、その他“任意的記載事項”があります。
作成した定款は、公証役場で認証を受けなければなりません。

4.印鑑の作成

代表者印、角印(社印)、銀行印など

5.資本金の払い込み(公証役場での認証後)

代表者の個人口座へ資本金を振り込みます。

6.登記申請

登記に必要な書類を作成し、本店の所在地を管轄する法務局へ登記申請をします。登記申請日が会社の設立日となります。
※書類のミスによる補正が無く、あるいは補正が有ってもその日中に直せればそれで会社成立となりますが、当日では補正できない場合には一旦取り下げをして、再度申請することになります。

7.各官公署への届出

税務署をはじめ社会保険事務所、労働基準監督所、ハローワークなどへの届出等を行います。また、許認可が必要な業種は許認可手続きの申請も行います。
その他、各種助成金などが利用できれば設立時の費用負担を軽減できるので検討されると良いでしょう。

トップへ戻る

株式会社設立代行プラン

当事務所では「電子定款認証申請」を行っておりますので、紙による定款認証にかかる印紙代4万円が不要となります。
※業務受託範囲は釧路公証人合同役場および釧路地方法務局(本局)の管轄内となります。

1.株式会社設立書類作成代行Aプラン

会社設立に必要な書類をはじめ、お客様との打ち合わせに基づいた内容の定款を作成し、電子定款認証の申請および公証役場への訪問、定款謄本の受け取りを行います。
※登記業務、会社設立後の各種届出等の業務は含みません。
・設立後の税理士や社会保険労務士などの専門家をご紹介いたします(ご希望の場合)。

業務内容 発起人会議事録(発起人決定書)作成、定款の考案・作成、電子定款認証申請手続き、定款謄本受取り
プラン料金 54,000円
その他費用 公証役場の定款認証手数料(50,000円)

※印鑑証明書代、定款謄本代などの実費は含まず。

2.株式会社設立書類作成代行Bプラン

会社設立に必要な書類をはじめ、お客様との打ち合わせに基づいた内容の定款を作成し、電子定款認証の申請および公証役場への訪問、定款謄本の受け取り、登記業務を行います。
※登記業務は提携の司法書士事務所が行います。
会社設立後の各種届出等の業務は含みません。
・設立後の税理士や社会保険労務士などの専門家をご紹介いたします(ご希望の場合)。

プラン内容 発起人会議事録(発起人決定書)作成、定款の考案・作成、電子定款認証申請手続き、定款謄本受取り、登記業務、登記簿謄本・印鑑カード受取り
プラン料金 108,000円
その他費用 公証役場の定款認証手数料(50,000円)、登録免許税(150,000円)

※登録免許税は資本金の1,000分の7。但し、最低150,000円。
※印鑑証明書代、各謄本代などの実費は含まず。

お問い合わせフォームへ お問い合わせはこちらからどうぞ。

トップへ戻る